Pokémon Shirts presented by ORIENTAL STITCHに行ってきた。

いつも部屋で引きこもってるニートこと、てゐです。

…といっても、今日は外出レポです。

原宿で4日間限定でオープンしている

Pokémon Shirts presented by ORIENTAL STITCHに行ってまいりました。

https://www.pokemon.co.jp/ex/shirts/

原宿と渋谷の丁度真ん中にあるのですが…

なんかオープン前は雑貨屋さんがあったきがする…

 

今回のポケモンシャツなのですが…

ポップアップストアの目玉は、カントー地方のポケモン151種類の柄とは別に用意された人気アーティスト(長場雄氏、鬼頭祈氏、ウィスット・ポンニミット氏、エリック・エルムズ氏)らによる4種類のデザインシャツ。価格は10000円[税別]で、ポップアップショップオープン期間中に各日75着限定だそうです。

(あと店員曰く一人一着しか買えないですので購入予定の方は注意。)

ちなみに個人的に好きだったのは、この「馬場 雄」さんのTシャツ。

ピカチュウの顔がすこwww

ちなみに私の母は速攻購入しておりました。

 

2階に上がるとシャツをきたピカチュウたちがお出迎え。

可愛い(鼻血

もうシャツどうでもいいからこのピカチュウが欲しい(真顔

元も子もない事言うな…

すでにピカチュウがそれぞれカントーのポケモンの柄のポケモンを着てますが…

ポップアップショップの2階には、2019年2月末より受注開始予定の通常柄151種が展示されています。

そしてその柄が…

ドーーーーーン!!!!!

店頭にはサイトで事前に発表されていた柄からそれまでシークレットだった柄まで公開!

この光景、壮観ですな。

割とデザインはファッション重視になってて、着ても一目で「ポケモンシャツ」とは分かりにくいのが多かったです。

中にはかなり抽象化されたものもあるので、ファッションとして着てもポケモン主張はそんなにないのが多かったです。

これはシャツにしたもの。

手前のウツボットのシャツとか来てもあまり主張しなさそう。

カーディガン着たら良さげ。

メタモン。多分買います。メタモン本体ではなく、ピカチュウや、フシギダネに返信したメタモンが可愛い。

カイリューは100エーカーの森っぽいうというか、カントリー感がある感じ。

このように、ポケモンによって柄が全く違います。

そして、何と言っても凄いのがカスタマイズの自由度。

襟(えり)、襟の裏、袖、袖の裏、前立て、本体、ポケットの合計7ヵ所にどの生地を用いるか、カスタマイズできるため、ミニリュウ柄を本体にし、袖はクサイハナ、襟はパルシェンなど自分だけのシャツが作れるのです。

今までポケモンの服は自体は、ポケモンセンターなどで販売されてきました。

なんなら私もイーブイフレンズの服や、グレックルのTシャツを今はなき浜松町のポケモンセンターで買った記憶があります。

でもそれこそピカチュウやイーブイといった可愛い有名なポケモンのグッズしか出てこなかったはず。

今回は「ベトベトン」とか「イワーク」とか「んなもん誰が買うんや!」と言いたくなるポケモンのシャツも出ております。

ちなみに、この生地を使ったポケモンシャツは,まだオーダーできませんので、注意…

さて、今回行ったポケモンシャツショップでしたが、生地は1万円するので、かなり良かった。

175cm75kgのおデブさんの私はLサイズがいい感じでした。参考程度にサイズを提示しておきます///(気持ち悪いわ)

そして、お店に来た方全員にステッカー(それぞれのデザイナーが描いたポケモン達)がもらえます。

そして、1階に展示されている限定シャツを購入すると、この柄のハンカチが貰えます。

こんなんケチャップとかつけらんねぇよ…

 

以上、ポケモンシャツレポートでした。

そしてこの顔である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です